自己破産での借金返済とは

自己破産をすると借金返済の必要がない!

自己破産借金返済

 

自己破産は借金をしているこちら側から相手の金融機関などにたいして、破産の申し立てを行って、裁判所の力を使って借金を免責してもらい、返済する必要がなくなるという債務整理方法になります。

 

自己破産は裁判所の力を借りて、借金返済する必要をなくしてしまう債務整理方法なので、金融業者からしたら完全に借金を踏みなおされる債務整理手続きなので悪夢ですよね。

 

借金しているこちら側としては、どんなに多額な借金でも自己破産によって免責を得られれば返済する必要がなくなるので最強の債務整理方法になります。

 

ただ自己破産については、あまりに強力な債務整理方法で、借金を返済する必要がなくなるということから「借りたものは返さないといけない」という日本人の良心から利用をためらう人も多いみたいです。

 

借金返済できる範囲の借金だったら、任意整理個人再生を利用して残った借金を少しづつ返済していくといいと思います。

 

ただ返済できる見込みがない借金をずっとそのままにしていても先の生活が見えてこないので、再出発をするためにもしっかりと自己破産で借金整理したほうがいいと思います。

自己破産したほうがいい人とは?

自己破産したほうがいい人

 

自己破産する場合にどのような場合に自己破産した方がいいのか参考にしたいと思っている人もいると思います。

 

自己破産した方がいいようなケースは具体的にどういった場合なのか解説しています。

 

下記のようなケースの場合には自己破産を検討するといいかもしれないです。

 

自己破産した方がいい人とは?

 

仕事がなく再就職が難しいような場合

 

借金返済していくためには毎月ある程度の収入がないと難しいです。資産があるようならそれで返済していくといいですが、資産もないような状況だと返済するあてが見えてこないですよね。

 

また仕事がなくて収入がないような状況だと、任意整理や個人再生など他の債務整理方法も利用することができないので、利用できる債務整理方法は自己破産だけに限られてしまいます。

 

仕事がなくて返済のあてがないなら早めに自己破産して、就職できるまで生活保護などを受給してはどうでしょうか。

 

定年までに借金返済の見込みがない場合

 

定年しても借金が残るような見込みの場合にはできるだけ早めに自己破産してしまったほうがいいです。

 

定年後も借金返済していくとなると、年金などの収入が圧迫されるようになるので今よりも生活が厳しくなってきます。

 

しかし早めに自己破産して借金を整理してしまえば、定年退職までに返済する予定だったお金を貯蓄することができるようになるので、退職後の生活もかなり楽になってくると思います。

 

無理して定年退職後も借金を返済するよりは、早めに自己破産して借金を整理してしまったほうが将来の見通しが立てやすくなります。

 

持ち家などの資産がなく借金返済のメドが立たない場合

 

持ち家などの高額資産がなく、賃貸で暮らしていて毎月の借金返済で苦労しており、返済のメドが立たないような場合には早めに自己破産してしまったほうがいいです。

 

自己破産の大きなデメリットは持ち家などの高額資産が没収されてしまうことなのですが、持ち家などの資産がないような状況だと、自己破産による大きなデメリットがないので、早めに自己破産してしまったほうがいいです。

 

持ち家などがある場合だと、自己破産によって普段の生活に影響が出てしまいますが、自己破産したとしても賃貸住宅から追い出されることはないので、破産後も普通にそれまでどおりの生活をすることができます。

 

住宅ローンの返済すら難しい場合

 

持ち家があったとしても、その住宅ローンの返済すら難しいような場合なら、自己破産してしまったほうがいいいと思います。

 

そのままにしていても住宅ローンの返済すら難しいようなら自宅を任意売却などで売却して、残った借金を自己破産で免除してもらうといいです。

 

個人再生や任意整理で借金の返済条件を楽にしてもらったら住宅ローンが返済することができるという状況なら自己破産する必要はないです。

 

しかし個人再生や任意整理をしても住宅ローンの返済が難しいような場合には、どちらにしろ持ち家を維持することはできないので、それなら自己破産で整理してしまったほうがいいです。

 

基本的には収入がない人や、借金返済が5年以上必要な場合には自己破産を検討するといいと思います。

 

できるだけ早めに自己破産してしまったほうが、その後の生活を取り戻しやすいのはもちろんですが、預金などもしやすくなるので、早く自己破産するほど経済的に立ち直りやすくなります

自己破産は簡単に認められない!

自己破産認められない

 

自己破産は裁判所に申請すれば確実に認められると思っている人もいますが、実際にはそんなことはないんですよね。

 

自己破産は借金が免責されると借金返済の必要がなくなるという強力な債務整理方法なので、簡単に認められてしまったら金融業者は営業することができないですよね。

 

そのため自己破産が認められるためには裁判所の審査を通る必要があります。

 

自己破産での裁判所の審査で調べられることとは?

 

・借金の理由
・破産申請した債務者がどれだけ反省しているか
・自己破産を安易な借金逃れの方法と思ってないか
・資産を隠していないか

 

上記のようなことを自己破産の際には裁判所で調べられることになります。

 

そういった意味では自己破産は債務整理方法の中で一番条件の厳しい債務整理方法といえるかもしれないですね。

 

また自己破産で借金が免除される「免責許可決定」が出るまでには、裁判所に出廷したり膨大な資料を裁判所に提出するなど非常に多くの手間が必要になってきます。

 

膨大な資料を提出したとしても、裁判所が免責許可しないと借金がなくならないので、非常にシビアな債務整理方法といえると思います。

 

自己破産で借金の免責が認められるためには色々な課題があるということです。

自己破産は弁護士に依頼して手続きするのが普通

自己破産弁護士

 

自己破産について借金がなくなるということで魅力的に感じる人も多いと思いますが、自己破産が認められるには上記のように裁判所から認められる必要があります。

 

自己破産の手続きについては個人でも行うことができますが、免責を認めてもらいたいなら弁護士に依頼して手続きを代行してもらうのが普通です。

 

正直言って自己破産については弁護士に依頼しないと書類作成の時点で躓くと思います。

 

自己破産する人はお金がない人ですが、それでも手続きについては弁護士に依頼している人が9割以上になります。

 

自己破産の手続きをしても免責許可が得られないと借金が免責にならないので、自分で手続きをして失敗してしまった意味がないです。

 

自己破産を検討している場合には、まずは債務整理に対応している弁護士の無料相談を利用して、借金返済について相談してはどうでしょうか。

 

借金返済の問題について無料相談を受け付けている弁護士事務所はいくつかあるので、そういった弁護士事務所に「自分は自己破産可能か」など話を聞いてみるといいと思います。

 

当サイトでは無料相談を受け付けているオススメ弁護士事務所をいくつかピックアップしているのでよかったら参考にしてください。

 

メールや電話で気軽に無料相談できるので、悩んでいるなら気軽に相談してみてください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

自己破産での借金返済とは記事一覧

自己破産で借金返済をする際にどのようなメリットがあるのでしょうか?自己破産は一般的にも良く知られている債務整理方法で、借金返済で行き詰った人が最後に行う債務整理方法として有名です。そんな自己破産ですがどのようなメリットがあるのでしょうか?自己破産のメリット一覧・借金が免責される・財産がすべて没収されるわけではない・強制執行や差し押さえを回避できる自己破産すると借金が免責される自己破産の最大のメリッ...