借金返済の債務整理によるスマホや携帯の契約や購入への影響

借金返済のために債務整理すると携帯やスマホに影響がでる?

借金返済スマホ携帯影響

 

借金返済するために債務整理する人が意外と見落としがちなのが携帯電話やスマホの取扱いなんですよね。

 

借金返済で債務整理を利用する際には、目の前の消費者金融などへの借金がどれくらい減るのかなどが気にしてばかりで、債務整理後の生活についてあまり気にしない人が多いんですよね。

 

また気にするにしても車や住宅ローンなどの大きな資産についてばかりで、スマホや携帯電話などへの影響について忘れている人も多いです。

 

借金返済のために債務整理するとスマホや携帯電話の契約や購入に影響が出る!

 

借金返済で債務整理すると状況によっては債務整理後にスマホや携帯が使えなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

また債務整理することによって機種変更や、新規に端末を購入する際にも影響が出てくるので注意が必要になってきます。

 

これは借金の滞納状況や債務整理方法によっても影響が違ってくるので注意しましょう。

 

債務整理の影響については端末と回線に分けて考える必要があります。

 

まずは借金返済による端末への影響について解説していこうと思います。

借金返済で債務整理するとスマホや携帯電話が使えなくなる可能性がある?

借金返済スマホ携帯使えない

 

借金返済のために債務整理する際に注意が必要なのが、債務整理によって現在使っているスマホや携帯電話が利用できなくなる可能性があるということです。

 

スマホや携帯電話は現在では生活のライフラインになっているので、何も知らずに債務整理してしまうと、今使っているスマホや携帯電話に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

 

債務整理方法と端末のローンが残っているかどうかによって影響が違ってくるので注意が必要です。

 

任意整理後にスマホや携帯電話は使えるのか?

 

スマホや携帯端末のローンが残っている場合

 

任意整理を利用する際にスマホや携帯端末のローンが残っている場合には、あらかじめ残っているローンについては債務整理しないことが必要になってきます。

 

端末のローン部分を任意整理で債務整理してしまうとスマホや携帯電話が利用できなくなるので、本体のローン部分は債務整理しないようにあらかじめ弁護士などに伝えておくといいです。

 

任意整理の場合には、債務整理する債務を自分で選ぶことができるので、端末のローンに関する部分を債務整理対象から外せば問題ないです。

 

スマホや携帯端末のローンがない場合

 

スマホや携帯電話を購入した際の割賦ローンなどがないような場合には任意整理しても問題はないです。

 

任意整理の場合にはスマホや携帯電話の端末ローンがある場合でも、ない場合でも、ローンに配慮して任意整理すればスマホや携帯電話の契約に影響させずに債務整理することができます。

個人再生後にスマホや携帯電話は使えるのか?

 

スマホや携帯端末のローンが残っている場合

 

個人再生の際にスマホや携帯電話のローンが残っている場合には、個人再生によってその割賦で分割購入しているローン部分が債務整理されてしまいます。

 

そのためローンを踏み倒すことになってしまうので、ローンを支払っている携帯やスマホが利用できなくなる可能性が高いです。

 

個人再生の場合には任意整理とは違って債務整理の対象になる債務をこちらで選択して債務整理することができないので注意が必要です。

 

スマホや携帯端末のローンがない場合

 

個人再生の際にスマホや携帯端末のローンがない場合なら、個人再生をしたとしても、そのことによって端末の支払に何か影響が出るということもないので問題ないです。

 

個人再生の場合には端末本体のローンがあると、スマホや携帯が利用できなくなる可能性があるので注意しましょう。

自己破産後にスマホや携帯電話は使えるのか?

 

スマホや携帯端末のローンが残っている場合

 

自己破産は借金が全て免責になる債務整理方法なので、当然ですがスマホや携帯電話のローンを支払っている場合だと、こういった分割購入している割賦部分もしっかりと債務整理されてしまいます。

 

そのため個人再生と同様に、端末が債務整理されてしまうことによって、現在利用しているスマホや携帯電話が利用できなくなる可能性があります。

 

自己破産も債務整理の対象になる債務を自分選ぶことはできず、すべての債務が債務整理の対象になるので、携帯やスマホが利用できなくなる可能性は高くなります。

 

スマホや携帯端末のローンがない場合

 

自己破産したとしてもスマホや携帯端末のローンがない場合なら普通に使用することができます

 

ただ自己破産をすると資産などが没収されるということを聞いたことがあると思います。そのため自己破産をするとスマホや携帯電話も没収されるのではないかと思おう人もいるのではないでしょうか。

 

しかしそこは安心して大丈夫です。自己破産によって没収される資産は20万円以上の価値があるものに限定されるので、スマホや携帯電話などは自己破産しても没収対象にはならないです。

 

このように債務整理の方法によって現在使っているスマホや携帯電話の取扱いが違ってくるので注意が必要です。

 

特に個人再生や自己破産する場合に、まだスマホや携帯電話の分割払いが続いているような場合には、端末が利用できなくなる可能性があるので、弁護士にあらかじめ相談しておきましょう。

借金返済で債務整理利用した場合のスマホや携帯の新規購入や機種変更について

スマホ携帯電話新規購入機種変更

 

借金返済のために債務整理することでの、スマホや携帯電話への一番の影響は、機種変更や機種を新規購入する場合に割賦で分割購入することができないということです。

 

債務整理後に気づく人も多いのですが、債務整理の方法に関係なく、債務整理すると機種変更や新規購入する際に、ローンで本体を買うことができなくなります。

 

債務整理すると機種を分割購入できない理由とは?

 

借金返済のために債務整理を利用すると、金融業者などで共有している民間のデータベースに金融事故としてブラックリストに掲載されます。

 

債務整理すると借金の減額したり免責したりしますが、これは金融業者からすると大きなデメリットですよね。そのためこういった金融事故を起こした人の情報を同業者間で共有するためにブラックリストに掲載されます。

 

そのため割賦などの分割やローンなどを利用しようとしてもブラックリストが影響して審査で落ちてしまいます。

 

ローンや分割購入ができないのはスマホや携帯に限ったことではなく、クレジットカードなどもブラックリストによって作ることができないです。

 

ただ一生分割払いで物が購入できないということではないので安心してください。

 

5年経過すればスマホや携帯電話を分割購入できるようになる

 

信用情報のブラックリスト掲載は5年くらいで削除されるようになります。スマホや携帯電話の機種変更や分割購入の場合なら5年くらいで普通に利用できるようになるのでそれまで我慢ですね。

 

スマホや携帯電話は基本的にそこまで高額なものではないので、ブラックリスト掲載期間は機種は一括購入で対応していくしか方法はないです。

 

iPhoneなどの場合には10万円近くするので分割購入するのが一般的ですが、格安スマホならかなり安い価格で購入することができるので、しばらくは格安スマホなどで我慢することになります。

 

それでも携帯やスマホがないよりは全然いいと思います。

借金返済前に弁護士にスマホや携帯電話への影響を確認しよう!

借金返済スマホ携帯弁護士相談

 

借金返済については弁護士が無料相談に応じているので、返済に困っているような場合なら弁護士に一度相談してみるといいです。

 

そして場合によっては債務整理などを検討するようにするといいです。

 

債務整理によってスマホや携帯電話への契約に影響が出るのではないかと不安に感じている人もいるかもしれないですが、そういったこともあらかじめ弁護士に相談することによって対処してもらえる場合があります。

 

個人再生や自己破産をの利用を検討している場合で、携帯電話やスマホのローンがあと少しで終わるような場合には、債務整理に慣れている弁護士の場合なら融通をきかせてくれて先に返済しても大丈夫なように取り計らってもらえる可能性があります。

 

スマホや携帯電話はライフラインなので、弁護士の交渉力次第では裁判所の方で残せるように取り計らってもらえるかもしれないので、債務整理前に弁護士に相談しておきましょう。

 

ただこういった融通を利かせることができるのは債務整理に慣れている弁護士の場合になります。

 

当サイトでは債務整理に強いオススメ弁護士事務所を載せているので、スマホや携帯電話などの取扱いを含めて気になることがあるなら無料相談から相談してはどうでしょうか。

 

メールや電話などで気軽に相談できるようになっているので参考にしてください。

 

相談実績が多く債務整理の無料相談をやってる弁護士事務所

 

相談実績が多く無料相談をやっている弁護士事務所はトップページからどうぞ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加