過払い金返還請求の資料集めの方法

過払い金返還請求の資料集めの方法

過払い金返還請求を含めて債務整理を行うためにはしっかりと資料を集める必要があるのですが、人によっては何年もずっと借金を返済しているという人もいると思うので、なかなか資料集めが難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

また借金の取引書類などをいちいち保管してないという人もいると思います。そういった借金についての資料がない場合だと、借金についての情報を得ることができないので、債務整理や過払い金請求ができないのではないかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

 

実際に借金してからすべての返済の取引履歴資料を保管している人は少ないです。そういった場合には貸金業者に対して取引履歴を請求することが可能です。

 

債務整理を行うための取引履歴請求に貸金業者が応じてくれるのかと思う人もいるかもしれないですが、この取引履歴請求は法律によって認められていることなので、貸金業者は拒むことはできないです。

過払い金請求や債務整理の資料請求に応じない業者が居たらどうする?

債務整理や過払い金返還請求では借金の取引履歴が必要になってきますが、それを業者に請求しても相手が応じない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

そもそもいきなり借金についての取引履歴を請求すると、相手も債務整理や過払い金請求をするともりだと理解しているので、場合によっては応じてくれないこともあります。相手も情報が古いので保管してないなどと言い訳をして応じないこともあります。

 

そういった場合には国の力を借りるといいです。具体的には財務局や都道府県の金融課に「行政指導ならびに行政処分を求める申告書」を送付すれば、相手もすぐに応じてくれます。

 

こうして見ると面倒に感じるかもしれないですが、債務整理を弁護士や司法書士に依頼してしまえばそういった面倒な手間はすべて行ってくれるので、面倒な場合にはすべて依頼してしまった方がいいです。

 

弁護士や司法書士が担当すれば、金融業者も資料を提出しないわけにはいかないので、債務整理や過払い金請求もスムーズに進みます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加