借金返済を弁護士に依頼するメリットとデメリットを解説

借金返済の債務整理は自分で行うこともできる

債務整理を自分でやる

 

借金返済でできない場合には債務整理をして借金を整理すると借金問題を解決することができるのですが、債務整理って弁護士や司法書士に依頼しなくても自分で行うこともできるんですよね。

 

つまり債務整理は弁護士や司法書士に依頼しなければならないという決まりはないということです。

 

借金返済のために債務整理で借金を減らそうとしているのに、弁護士や司法書士にそれを依頼して新たな借金を作ってどうするの?と思う人もいるかもしれないです。

 

確かに債務整理の弁護士費用って高額なんですよね。実際に債務整理の弁護士費用の相場を知ると自分で債務整理したいと思う人も多いです。

 

しかし現実では債務整理を弁護士や司法書士に依頼して行っている人が9割以上になります。

 

つまり弁護士費用を節約したいと思っている人も最終的には弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼しているということなんですよね。

 

では借金返済の債務整理を弁護士や司法書士に依頼するメリットやデメリットは何なのでしょうか?

弁護士に借金返済の債務整理を依頼するメリット

債務整理弁護士依頼メリット

 

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理方法がありますが、すべての債務整理で弁護士や司法書士が活躍しています。

 

弁護士事務所の中には債務整理をメインに行っている事務所もあったりするので、弁護士事務所の中には借金返済や債務整理の案件に非常に慣れている弁護士事務所をもあったりします。

 

そういった債務整理による借金返済問題を弁護士に依頼した場合のメリットを下記にまとめたので参考にしてください。

 

弁護士に債務整理を依頼するメリット

 

借金の取立を止めることができる

 

借金返済を弁護士に依頼すると金融業者からの取立てをストップすることができるという効果があります。

 

つまり債務整理を弁護士に依頼すると借金返済の必要がなくなるということになります。この手続き期間は債務整理の方法によっても違ってきますが、数ヶ月は必要になってきます。

 

その手続き期間の借金返済に充てるはずだったお金を弁護士費用に充てることもできるので、弁護士費用の負担は多少抑えることができます。

 

また取立てがストップされることによって精神的にも楽になるので大きなメリットだと思います。

 

面倒な手続きを丸投げできる

 

債務整理の弁護士費用を節約するために自分でやろうとする人がいますが、多くの場合には途中で挫折して最終的には弁護士に頼ります。

 

債務整理ってどの方法でも非常に手続きが複雑で、個人が債務整理を行おうとすると非常に手間がかかるんですよね。

 

そもそも個人で普通に債務整理できるなら弁護士が数十万円も報酬をとらないですよね?個人ができない手続きだからそれに見合った報酬を得ているということです。

 

そんな面倒な債務整理方法ですが、弁護士に依頼すると手続きを丸投げできてしまうので非常に便利です。

 

家族に内緒で返済できない借金を整理できる

 

個人で債務整理をすると手続きの関係で裁判所や消費者金融などと頻繁にやり取りがあるので、借金問題が家族に知られてしまう可能性が非常に高いです。

 

また弁護士依頼しないと借金の督促などが止まらないのでいつかは家族に借金がバレてしまいます。

 

弁護士に依頼すると家族に内緒で債務整理によって借金問題を解決してくれるので非常に助かります。もちろん取り立てもストップできるので消費者金融側からバレることも防げます。

 

実際に債務整理に慣れている弁護士事務所は「家族に内緒で借金を整理できる」ということを謳っているところもあります。

 

家族に内緒の借金が返済できないような状況に追い込まれてしまった場合には素直に弁護士に相談するといいです。

 

借金の減額幅が大きくなる

 

個人再生や自己破産の場合には借金の減額幅が法律で決まっているので、影響はないですが、任意整理の行う場合にはそうではないです。

 

任意整理の場合には金融業者との交渉によって借金返済の条件が決まってくるので、弁護士に依頼することによって金融業者との交渉をスムーズに行ってくれます。

 

こういった金融業者との交渉について、素人の個人が行うのと専門家の弁護士のどっちが効果が高いのかというのは言うまでもないことですよね。

 

弁護士に依頼して交渉してもらうと、弁護士費用以上の借金減額効果は得られるので普通に弁護士に依頼した方がいいです。

 

では借金返済を弁護士に依頼する場合のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

弁護士に債務整理を依頼するデメリットとは

債務整理弁護士依頼デメリット

 

借金返済できない場合に弁護士に債務整理をすると上記のような数々のメリットを期待することができますが、逆にデメリットはないのでしょうか?

 

弁護士に債務整理を依頼する場合のデメリットはいくつかあります。

 

下記で弁護士に債務整理を依頼するメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

 

弁護士に債務整理を依頼するデメリット

 

弁護士費用が高額

 

借金返済できない人からすると弁護士費用は大きな負担になってくるのではないでしょうか。

 

やはり弁護士費用は債務整理を弁護士に依頼する際の一番大きなデメリットだと思います。

 

弁護士費用は弁護士事務所によって若干違いがありますが、基本的にある程度の相場が決まっているので、弁護士費用の具体的な相場について知りたい場合には下記を参考にしてください。

 

参照:弁護士費用の相場

 

弁護士によって債務整理の技量が違う

 

債務整理に対応している弁護士事務所って多いですが、全ての弁護士事務所が債務整理に精通しているわけではないんですよね。

 

弁護士の中には債務整理慣れてない弁護士もおり、そういった弁護士に依頼してしまうと、手続き期間が長くなってしまったり、任意整理では金融業者との交渉で満足のいく返済条件を引き出せないことがあります。

 

せっかく弁護士に債務整理をお願いしたとしても、手続きに慣れてない弁護士を選んでしまった場合には、満足のいく内容で条件合意できない可能性があるということです。

 

まあ、弁護士も人間なので人によって技量に差があるのは当然ですが、それによって私達が不利益を被るのは納得できないですよね。

 

借金返済できない場合に債務整理を弁護士に依頼するという判断は間違ってないです。

 

しかし上記のようなデメリットを理解して債務整理を依頼することも大事になってきます。

債務整理の弁護士依頼のメリット・デメリットのまとめ

債務整理弁護士依頼メリットデメリットまとめ画像

 

債務整理を弁護士に依頼して借金問題を解決するというのはメリットやデメリットで判断すると、有効なのかどうかは明らかだと思います。

 

実際に9割以上の人が弁護士や司法書士に債務整理を依頼しているという事実から判断しても、間違いなく借金返済できないなら弁護士に債務整理を依頼すべきです。

 

ただ上記のデメリットでも掲載していますが、弁護士によって債務整理の技量が違ってくるので、借金の減額条件や手続き期間などに違いが出てくる可能性が高いです。

 

当たり前ですが、債務整理の案件が豊富で毎月扱っている案件が多ければそれだけ経験が豊富なので、色々な状況の借金問題にもすぐに対応することができます。

 

そういった意味では債務整理を弁護士に依頼する場合に一番注意が必要なのは「弁護士選び」なのではないかと思います。

 

簡単に近所の弁護士事務所に債務整理を依頼すると、手続きに慣れてなくて満足のいく結果を得られない可能性があります。

 

ただ弁護士選びの方法とはいっても、何を基準にして弁護士を選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

弁護士を単純に比較するのって難しいんですよね。弁護士によって得意な分野や不得意な分野があるので、ある分野に慣れているような場合でも、ある分野では実績がないということは良くあることです。

 

そこで債務整理を依頼する場合に私がオススメする弁護士事務所をいくつかピックアップしてみました。

 

載せている弁護士事務所はすべて無料相談可能なので、借金返済できないと悩んでいるなら参考にしてください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加