キャッシングによる借金返済のコツとポイントを解説

キャッシングによる借金の返済方法は3つある

キャッシングによる借金の返済方法は3つある画像

 

キャッシングによる借金は非常に一般的に、借金返済で悩んでいる人の多くは、借金の中にキャッシングが含まれていることが多いです。

 

キャッシングによる借金の返済方法は一般的に3つの方法に分類することができ、キャッシングで借金をしている人はこの3つの方法のどれかの方法によって返済しています。

 

人によってどの借金返済方法がいいのかは違いますが、それぞれ簡単に解説していこうと思います。

 

キャッシングの借金返済の一般的な方法

 

一括払いによる返済

 

キャッシングをした場合にはクレジットカード会社による締め日と支払日によって管理されています。

 

キャッシングの利息は借入れをした金額に年率掛算して日割りで計算しています。そういった意味では、毎月しっかりと使った分を一括払いで返済しているような場合だと利息は少なくて済みます。

 

この一括払いによる返済方法が一番理想的な借金返済方法と言えると思います。

 

ただ残高不足で借金が口座から引き落とせなかった場合にはカード会社から電話が来て、再度の引き落としについて相談されます。

 

その際にも口座からお金が引き落とせないようだと遅延者扱いになってしまって信用情報が掲載されてしまいます。

 

基本的には一括返済で支払える範囲内での利用がキャッシングの賢い利用法だと思います。

 

分割払い

 

分割払いはその名前の通りキャッシングによる借金を分割払いにして支払っていく方法になります。

 

分割する回数についてはこちらで決めることができますが、分割回数が多くなると返済の負担は小さくなりますが、その分だけ利息が多くなってくるので、最終的には支払う金額が多くなってしまいます。

 

基本的には3回払い、6回払い、12回払いという選択肢があり、後から返済回数を延ばすことはできないです。

 

また分割払いには元金均等返済方式と元利均等返済方式という返済方式があります。

 

元金均等返済方式

 

元金均等返済方式は月額の返済額のうち元本分分を固定して支払っていくという方法です。

 

特徴としては月々の返済で返済の当初の金額が最も負担が大きくなり次第に負担が小さくなっていくという感じの返済方法になります。

 

元利均等返済方式と比べると利息負担はこちらの方が楽ですが、返済計画を立てる際に金額が一定額ではないのでプランを立てるのが面倒という側面もあります。

 

元利均等返済方式

 

元利均等返済方式は月額の返済額について元本と利息額を固定して支払っていくという方法になります。

 

元利均等返済方式では元本と利息額の合計を固定する方法なので、毎月の返済額が同じ金額なるので返済計画が立てやすいというメリットがあります。

 

ただ元金均等返済方式と比べると利息額の総支払額が大きくなってしまうというデメリットもあります。

 

リボ払い

 

リボ払いはリボルビング払いの略として呼ばれている支払い方法になります。

 

リボ払いはキャッシング業者から借りている借金の総額について一定の金額を支払っていくという借金返済方法になります。

 

リボ払いの場合には新たに追加で借入れたとしても、月額の返済額は一定になるので経済的な負担はおさえることができます。

 

ただそうなると利息の支払が大きくなってくるので一長一短という感じでしょうかね。

 

借金返済できないと悩んでいる人の多くはこのリボ払いでの借金ではないでしょうか。

 

キャッシングによる借金返済の方法は上記の3つの場合に絞ることができますが、この中でも一番借金返済で行き詰まりやすいのがリボ払いではないでしょうか。

 

リボ払いの場合には新たに追加で借入れたとしても返済額が一定なので、経済的な負担を感じづらく、いつのまにはどんどん利息が増えてしまっているということがありえます。

 

ではこういったリボ払いによるキャッシングの借金が増えてきてしまったらどうすればいいのでしょうか?

キャッシングによる借金はおまとめローンを利用するという方法もある

キャッシングによる借金はおまとめローンを利用するという方法もある画像

 

キャッシングによる借金が多くなってくると、複数の金融業者からキャッシングによる借金をしてしまうということになる可能性があります。

 

複数のカードローンやキャッシングを利用しているような場合には借り入れが予想以上に増えてしまって、管理も大変になりどうしようもなくなってしまうというのは多重債務者の典型的な例になります。

 

そこで借金を一つにまとめてるおまとめローンという方法があります。

 

おまとめローンには下記のようなメリットがあります。

 

おまとめローンのメリット一覧

 

・月々の返済額が少なくなる可能性がある
・金利が下がる可能性がある。
・返済額の把握が楽になる
・毎月の返済の手間がかからなくなる

 

ただ、おまとめローンの場合にはデメリットもあったりします。

 

おまとめローンでは金利が下がる可能性があり、お得に感じるかもしれないですが、逆に金利は下がっても利息が上がる場合もあります。

 

普通なら金利が下がったら利息も下がるはずだと思いますが、ここに落とし穴があります。

 

金利が下がったとしても、毎月の返済額が少なくなったらその分だけ利息は増えるということです。

 

他にもおまとめローンを申し込む際に、保証人や担保を求められることがあるというのもデメリットになります。

 

 

キャッシングによる借金返済で債務整理を利用する

キャッシングによる借金返済で債務整理を利用する画像

 

キャッシングやクレジットカードの利用によって借金がどんどん膨らんでしまったという人は結構多いのではないでしょうか。

 

特にキャッシングやクレジットカードは簡単にお金が引き出せてしまうので、どうしても中毒性があり、お金がないと分かっていてもそこからお金を引き出してしまうという悪循環に陥ってしまうことが多いです。

 

最初はちょっとしたきっかけで、給料前の金欠状態の時に数万円くらいキャッシングをしたのが始まりで、そこから毎月のようにキャッシングをしてしまって、利息も増えてどんどん雪だるま式に増えていくというパターンが多くなってきます。

 

その際には債務整理で借金を整理するという方法があります。

 

キャッシングによる借金返済のために債務整理を利用する人は多く、テレビCMなどでも債務整理についての情報が流れているので一般的になってきています。

 

債務整理の方法にもよりますが、個人再生や自己破産を利用するとほとんどの借金が免責されて返済の必要すらなくなります。

 

キャッシングによる借金に限ったことではないですが、借金返済できないと感じているなら債務整理という方法を選択するのも一つの方法だと思います。

 

債務整理でもモタモタしているとそれだけ借金の利息も増えていってしまうので、金銭的なデメリットがどんどん大きくなってしまいます。

キャッシングの借金返済ではおまとめローンと債務整理のどっちが得なのか?

キャッシングの借金返済ではおまとめローンと債務整理のどっちが得画像

 

キャッシングによる借金返済のコツとポイントの最終的な問題は、「おまとめローン」と「債務整理」のどっちが得なのかという問題に尽きるのではないかとお思います。

 

「おまとめローン」も「債務整理」も借金返済を助ける目的のものだというのは良く知られていることだと思います。

 

実際にキャッシングによる借金返済で悩んでいる場合にはどっちがいいのか検討がつかないという人も多いのではないでしょうか。

 

基本的には債務整理を選択したほうがいい

 

おまとめローンを選択して支払うことができるならいいですが、おまとめローンを申し込んだ後に借金が支払えなくなって、債務整理に頼ることになったら意味がないです。

 

また、おまとめローンを申し込む際に保証人や担保が設定されたら、債務整理によって保証人や担保に影響が出てしまいます。

 

それなら最初から債務整理で借金整理したほうが保証人や担保の問題がなくて済みます

 

債務整理すると家や車が没収されるというイメージをもっている人が多いですが、実際には家や車が没収されるのは自己破産だけです。

 

任意整理や個人再生などの債務整理はそこまでのデメリットはないので安心して大丈夫です。

 

キャッシングによる借金返済のコツとポイントについてもっと詳しく知りたいなら、債務整理に慣れている弁護士に話を聞いてみるといいと思います。

 

こういった専門家に相談することが借金返済できない場合ののコツや極意につながります。

 

下記で債務整理に慣れている無料相談に応じている弁護士事務所について載せているのでまずは相談してはどうでしょうか。

 

公式サイトにはメールフォームなどがあり、気軽にメールなどによって無料相談することができるの試しては銅でしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加