借金返済で債務整理を利用すると車のローンはどうなる?

借金返済で債務整理を利用すると車のローンは組めないのか?

借金返済車ローン

 

借金返済できなくなってしまって債務整理を利用しようと思うけど、現在組んでいる車のローンの取扱いや、債務整理後に車のローンを組むことができるのかどうかということが気になっている人は多いのではないでしょうか。

 

債務整理後でもやはり地方に住んでいると車は必需品になってくるので、車がないと生活できないという地域も数多くあります。

 

そういった中で借金返済のために債務整理をした場合の車ローンの取扱いについて解説していこうと思います。

 

まずは債務整理した場合に新規に車のローンを組めるかという話です。

 

借金返済で債務整理すると車のローンは組めなくなる

 

結論から言ってしまうと借金返済のために債務整理を利用すると車のローンを新規に組むことはできないです。

 

債務整理をすると借金を減額したり免責したりすることができますが、それによって金融業者が被害を受けて、その情報が民間の共有データベースに金融事故のブラックリストとして登録されることになります。

 

車のローン審査では民間の共有データベースのブラックリストを確認して審査が行われるので、車のローン審査の際にブラックリストに掲載があると審査に落とされてしまいます。

 

こういった金融業者間のデータベースににブラックリストに掲載されてしまって車のローンが組めないというのは、車のローンに限ったことではなく、住宅ローンやクレジットカード作成なども作れなくなります。

 

では借金返済のために債務整理を利用するとずっと車のローンを組むことができないのでしょうか?

債務整理後に車のローンを組めるのは最短で5年

債務整理後車ローン

 

借金返済のために債務整理を利用したとしても、車のローンが組めなくなるのは最短で5年間になります。

 

ただ車のローンを利用する場合には信用情報機関によってブラックリストの掲載期間が違ってきたりするので、どういった所に車のローンをお願いするかによっても審査が通りやすいかどうかが違ってきます。

 

信用情報機関のブラックリスト掲載期間まとめ

 

信用情報機関名 ブラックリスト掲載年数 主な加盟企業
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

任意整理:記載なし
個人再生・自己破産:10年間

銀行、信用金庫など
日本信用情報機構(JICC) 任意整理・個人再生・自己破産:5年間 消費者金融、信販会社
株式会社シー・アイ・シー(CIC)

任意整理・個人再生:記載なし
自己破産:5年間

信販会社、クレジットカード会社、リース会社

 

こうして見ると信用情報機関はもちろんですが、債務整理方法によっても信用情報機関のブラックリスト掲載期間が違ってくるのがわかります。

 

特に自己破産や個人再生を利用すると車のローンが長期間通らなくなる可能性があるということは知っておきましょう。

 

また銀行系の車ローンを利用する場合には信用情報機関が「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の場合が多いので、10年間くらい審査が通らない可能性があることも知っておきましょう。

 

利用されている信用情報機関によってもブラックリスト掲載の期間が違うので、車のローン審査を依頼する場合にはこういったことも知っておくといいです。

借金返済で債務整理利用後すぐに車をローン購入する方法はあるのか?

借金返済後車ローン購入

 

借金返済で債務整理をすると上記のように最短でも5年間は信用情報がブラックリストに掲載されてしまうので、車ローンに通らなくなってしまう可能性が高いです。

 

しかし5年間って結構長いですよね。

 

都心に住んでいるような場合なら車がなくても生活に苦労する可能性は小さいですが、地方に住んでいるような場合だと買い物や医者に行くことすら困難な場合もあります。

 

そういった場合に、債務整理後に5年間待たなくても車のローンを組める方法がいくつかあります。

 

債務整理後に車のローンを組む方法

 

配偶者や家族名義で車のローンを組む

 

借金返済のために債務整理したとしても、その影響は本人だけで、家族や配偶者に何か制限が発生するということはないです。

 

そのため本人は車のローンを組むのに最低でも5年間必要になってきますが、家族や配偶者にはそういった規制はないので、普通にローンを組むことができます。

 

家族や配偶者の了承を得られるなら、家族や配偶者名義でローンを組んで自分で返済するという形をとるのもの一つの方法だと思います。

 

中古車販売店の自社ローンを使う

 

新車の車を購入する場合のローンだと審査で落ちる可能性がありますが、中古車販売店の自社ローンなら通る可能性があります。

 

債務整理をしても5年間ローンが利用できないというのは民間のローン取扱い会社が自主的に通さないだけで、法律でローン審査を通してはいけないと決まっているわけではないです。

 

そのため自社ローンの場合なら、安定した収入があり、保証人を用意できて、頭金を入れられるようなら車のローンを組める可能性があります。

 

こうしたことから基本的に債務整理後5年間を待たずに車ローンを組む場合には、新車なら家族や配偶者名義でローンを組み、中古車なら販売店の自社ローンを検討するという感じになります。

車ローンを債務整理後に利用するなら弁護士にあらかじめ相談しておこう

借金返済後車ローン無料相談

 

借金返済のために債務整理を利用するという人は多いですが、その中でも地方に住んでいる人の場合だと車のことを心配する人も多く、債務整理を担当している弁護士はそういった車に関する相談も受けることが多いです。

 

債務整理で借金返済できたとしても、その後の生活が不自由になったら問題なので、車ローンを含めて債務整理後の車の取扱いについては、あらかじめしっかりと専門家の弁護士に相談しておくことが大事になってきます。

 

借金返済で苦労していたとしても、債務整理を利用することによって状況が楽になるので、生活面に目を向けることができるようになります。

 

債務整理を利用する前には、車のローンを含めた債務整理後の生活についてもしっかりと考えておくことが必要になってきます。

 

借金返済問題については債務整理に対応している弁護士事務所で無料相談を行っているので、疑問点について話を聞いてみてはどうでしょうか?

 

当サイトでは借金返済問題について無料相談を行っているオススメ弁護士事務所をいくつか載せています。

 

メールや電話で気軽に相談できるようになっているので、悩んでいるならまずは無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

相談実績が多く債務整理の無料相談をやってる法律事務所

 

相談実績が多く無料相談をやっている法律事務所はトップページからどうぞ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加