カードローンの借金返済方法のコツと極意を徹底解説

カードローンでの借金返済方法でリボ払いは厳禁!

カードローンでの借金返済方法でリボ払いは画像

 

カードローンを利用している人の多くはリボ払いで毎月支払っている人が多いのではないでしょうか。

 

リボ払いは毎月の支払金額が一定なので非常に便利で、借金について毎月の支払負担が小さいので利用しやすいんですよね。

 

カードローンについてはどのような支払い方法を選んでいるかによって多重債務のなりやすさが違ってくるので、カードローンによる借金返済では最初の返済方法から見直すといいかもしれないですね。

 

リボ払いは多重債務になりやすい返済方法

 

カードローンの支払い方法には一括返済や分割払い、リボ払いがありますが、リボ払いは追加で借りたとしても返済額が一定なので、その分だけ利息がどんどん増えてしまうんですよね。

 

また追加で借りたとしても返済額が一定なので、追加で借金したとしても負担を感じることができず、安易に追加で借金をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

リボ払いでカードローンを利用しているような場合には、新たに追加で借りた場合には、毎月の返済額を5000円だけでもいいので増やすようにしてください。

 

たった5000円程度の追加の支払だけでもかなりの利息を軽減することができるので金銭的な負担は楽になります。

 

また追加で借りても返済額が変わらないというカードローンのリボ払いの常習性にもストップをかけることができるので試してみてください。

 

ではそもそもカードローンで借金地獄に落ちないためにはどういった借金返済の支払い方法がベストなのでしょうか?

借金返済の方法は元金均等返済方式を利用しよう!

借金返済の方法は元金均等返済方式画像

 

カードローンによる借金返済では支払い方法に気をつけないと、自分がどんどん借金していることに感覚が麻痺してしまうことがあるので支払い方法には注意を払うようにした方がいいです。

 

ではどのような支払い方法がいいのかという話になりますが、やはりベストは「一括返済」ですが、多くの人は一括返済できないからカードローンを利用しているわけなんですよね。

 

そのため一括返済を除外すると分割払いの「元金均等返済方式」を利用するのがベストだと思います。

 

分割払いには元金均等返済方式と元利均等返済方式がありますが、なぜ元金均等返済方式がいいのでしょうか?

 

元金均等返済方式でカードローンを返済するメリットとは?

 

元金均等返済方式は元本の支払額を一定にして、その分の利息を上乗せして支払っていくという方法になります。

 

この支払い方法の特徴は、最初は支払い金額が大きくなりますが、だんだんと支払負担が小さくなっていくとくことです。

 

さらに最終的には利息も抑えることができるので、全体的な返済金額は元利均等方式よりも小さくなるという特徴があります。

 

最終的な返済金額が抑えられるという時点で元金均等返済方式を選択するのがベストだと思います。

 

また元金均等返済方式では最初に返済する金額が大きくなるので、借金をしているという自覚が生じるようになり、新たな追加の借金を抑制することにもつながります。

 

借金の金額が300万円などの高額な金額なってくると、元金均等返済方式か元利均等返済方式かによって、利息が50万円くらい違ってくることもあるので返済方法の選び方は大事になります。

優先順位を決めてカードローンを返済していますか?

優先順位を決めてカードローンを返済画像

 

カードローンを返済する一番簡単に実践できるコツは、優先順位を決めて返済するということです。

 

複数のカードローンを利用している場合に、しっかりと利息が高いカードローンを中心に返済していますか?

 

借金は利息というやっかいなものの影響で元本が減らないというのはよくあることです。

 

そのため複数のカードローンを利用しているような場合には、できるだけ利息が高いカードローンの借金から返済していくのが借金返済のコツになります。

 

また、ほかに利息が安いところを利用できるようなら借り換えを検討するのも一つの方法だと思います。

 

カードローンの借金返済では、どれだけ利息を抑えて返済していくかというのが一番のコツであり極意でもあります。

 

そういった意味では借金返済方法に「元金均等返済方式」を選ぶというのも利息を抑えられるという意味では同じことになります。

 

ただこういった借金返済のコツや極意はあくまでもまだ返済の余力があるような場合になります。

 

ではカードローンの借金返済ができないような状況に追い込まれてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

カードローンを返済できないなら債務整理を検討しよう

カードローンを返済できないなら債務整理を検討画像

 

カードローンによる借金返済ができないような状況に追い込まれてしまっている場合にはできるだけ早めに対策を講じる必要があります。

 

借り換えなどを行って、借金の利率を抑えても返済が難しくなってきているような場合には債務整理を検討するといいと思います。

 

債務整理は借金返済の最終手段とも言える方法で、場合によっては自己破産によってカードローンによる借金をすべて免責させることも可能です。

 

債務整理といってもいくつかの方法がありますので、カードローンの借金状況や、あなたの収入状況によってどの債務整理方法がいいのかは違ってきます。

 

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という方法がありますが、どういったカードローンの借金状態に利用するといいのでしょうか?

 

任意整理でのカードローンの借金返済

 

任意整理は金融業者と交渉して利息を免除してもらったり、借金を減額してもらう方法で、交渉によって返済条件を変えてもらうという債務整理方法になります。

 

任意整理は弁護士費用も安く、家や車などの資産を手放す必要がないのでデメリットも小さい債務整理方法です。

 

しかし債務整理後も返済は必要になってくるので、現在しっかりとした収入がある人向けのカードローンの返済方法だと言えると思います。

 

個人再生でのカードローンの借金返済

 

個人再生は裁判所とのやり取りで行う債務整理方法で、借金の減額幅が決まっている債務整理方法になります。

 

個人再生は任意整理よりも借金の減額率が高い債務整理方法ですが、その分だけ弁護士費用は高額になります。

 

ただ最大で借金が10分の1に圧縮されるので、かなり強力な債務整理方法になります。

 

かなり借金の減額率が高い方法ですが、家などを残したまま利用できるというメリットもあるので、収入はあるけどカードローンの金額が大きい場合に検討するといい債務整理ほうほうになります。

 

自己破産でのカードローンの借金返済

 

自己破産も裁判所を通して行う債務整理方法になっており、カードローンによる借金は免責が認められると支払う必要がなくなるので、最終的には借金が棒引きされます。

 

最強の債務整理である自己破産ですが、利用するのには色々な条件があり、免責が認められないと借金がなくならないというデメリットがあります。

 

また弁護士の費用は個人再生と同じくらいと思っておくといいです。

 

自己破産は免責が認められると借金返済の必要がないので、仕事がない人や働けない人向けの債務整理方法と思っておくといいと思います。

債務整理を弁護士に任せるとカードローンの借金の取り立てをストップできる

債務整理を弁護士に任せるとカードローンの借金の取り立てをストップ画像

 

債務整理をするとカードローンの借金返済の負担が軽くなるのはもちろんですが、弁護士に依頼することによって、借金の取立をストップすることができたり、差し押さえをストップさせることも可能です。

 

カードローンによる借金が少しでも返済が難しいと感じるようになったら、できるだけ早めに債務整理を検討するようにするといいです。

 

支払えなくなるくらい負担が大きくなってきたら、債務整理をしたとしてもある程度の負担が残ってしまうので、できるだけ早めに対処することがカードローンの借金返済のコツと極意になります。

 

債務整理するかしないかに関わらず、カードローンの借金返済で不安を感じているなら一度、債務整理に対応している弁護士の無料相談を利用してみるといいと思います。

 

借金問題については弁護士が無料相談を行っている所があるので、カードローンの借金返済で困っているような一度専門家の話を聞いてみるといいと思います。

 

弁護士の無料相談を利用したとしても債務整理を行わないといけないということはないので、気軽に相談してみるといいです。

 

カードローンの借金返済については、債務整理に対応している弁護士なら非常に多く扱っている案件なので、色々な経験があり問題解決方法は熟知しています。

 

当サイトでは無料相談を行っている全国対応の弁護士事務所をいくつかピックアップしているのでよかったら参考にしてください。

 

カードローンによる借金返済の無料相談

 

カードローンの借金返済で悩んでいるならこちらで無料相談

 

このエントリーをはてなブックマークに追加