借金返済の弁護士費用を法テラスを利用して安く抑える方法

借金返済に法テラスを利用して債務整理するメリットとは

借金返済法テラスメリット

 

借金返済できないということで債務整理を検討している人は少なくないですが、その際にどこで相談したらいいか分からないので法テラスでとりあえず相談してみようという人は少なくないと思います。

 

法テラスは「日本司法支援センター」という国が運営している法律相談の窓口のことで、法律に関する無料相談や犯罪被害者支援や国選弁護人関連業務、民事法律扶助など法律に関する一般人への援助を行っています。

 

では借金返済について法テラスを利用して相談や債務整理を行うにあたって、どのようなメリットが期待できるのでしょうか?

 

法テラスを利用して債務整理するメリット

 

弁護士費用が安い

 

法テラスから弁護士を紹介してもらって債務整理をして借金返済の負担を軽くする一番のメリットは弁護士費用が安いということだと思います。

 

普通の弁護士に債務整理を依頼する相場よりも安い価格で債務整理を依頼することができるのでかなりお得だと思います。

 

法テラスは国の機関なので、利益を得ることが目的でないということから安い費用で手続きができるのだと思います。

 

民事法律扶助で費用を立替えてもらえる

 

法テラスでは債務整理の弁護士費用を借りることができます。

 

そのため手元にまったくお金がないような状況でも、法テラスの民事法律扶助を利用することによってお金を借りることができ、その金で弁護士に債務整理を依頼して借金の負担を軽くしてもらえるということです。

 

借りた弁護士費用の返済は、月に5000円から1万円くらいなので、そこまで大きな負担なく返済していけるので、大きなメリットだと思います。

 

事業事務所が各地にある

 

地方の方だと借金返済で困っている場合のどの弁護士事務所に相談したらいいのかわからないということがあります。

 

すべての弁護士事務所で債務整理の案件を取り扱っているとは限らないからです。

 

しかし法テラスの場合には全国各地に事務所があるので、直接事務所に出向いて相談することも可能です。

 

こうしてみる借金返済について法テラスを利用するメリットは費用面についてのものが多いように感じますね。

 

やはり借金返済で悩んでいるような状況だと、民事法律扶助によって弁護士費用を立替えてもらえる制度は非常にありがたいと思います。

借金返済に法テラスを利用して債務整理するデメリットとは

借金返済法テラスデメリット

 

借金返済で苦労している場合に法テラスに相談して債務整理をするかどうか決める場合には上記のようなメリットがありますが、法テラスを利用する場合にはもちろんデメリットもあります。

 

まあ、すべてのことにはメリットもあればデメリットもあるということで、法テラスが万能なら普通の法律事務所は廃業してしまいますよね。

 

そんな法テラスを利用しての債務整理のデメリットとはどのようなものなのでしょうか?

 

法テラスを利用して債務整理するデメリット

 

法テラスには利用できる条件がある

 

借金返済で困っている人すべてが法テラスを利用して債務整理を利用できるというわけではないです。

 

法テラスを利用するには収入条件財産条件などがあり、それを満たしてないと利用することができないです。

 

法テラスは経済的に厳しい人が利用するのが主目的なので、条件を満たしてない人は利用できないということです。

 

債務整理を利用したいと思う人は経済的に厳しい状況の人が多いですが、それでも条件を満たしてないと法テラスを利用できないので注意が必要です。

 

下記で法テラスの利用条件について解説しているのでよかったら参考にしてください。

 

弁護士を選ぶことができない

 

借金返済のために債務整理を行いたいと思う人なら、できるだけ債務整理の実績が豊富な弁護士にお願いしたいと思うのは当然のことです。

 

しかし法テラスの場合には弁護士を選ぶことができないので、場合によっては債務整理の経験がほとんどないような弁護士にあたってしまう可能性もあります。

 

最近は弁護士の数が過剰になってきているので、法テラスを利用して依頼を受けようとしている事務所もあると思います。

 

もちろん優秀な弁護士もいると思いますが、それは運に左右されるので注意が必要です。

 

手続きに入るまで時間がかかる

 

法テラスで債務整理を行う際には結構時間がかかることを想定しておいた方がいいと思います。

 

内部状況は良くわからないですが、費用が安いということで多くの人が利用しようとしているのが影響している可能性があります。

 

1ヶ月以上は待つ可能性があることを想定しておくといいかもしれないですね。

 

待っている間に受任通知などを送付して取立てをストップしておいてくれるといいのですが、そういうことはなく普通に待っている間の借金対応は自分で行わないといけないので厄介です。

 

つまり借金返済が滞っていて資産や給料の差し押さえの可能性がある切羽詰った状況で法テラスに依頼すると手遅れになる可能性があるということです。

 

こうして見るとどのデメリットの結構厳しいデメリットのような感じがしますね。

 

利用条件については、そもそもその条件を満たしてないと、法テラスで債務整理することはでないのはもちろんですが、無料相談も利用することができないので注意が必要です。

 

また弁護士選びについては、弁護士によって債務整理の成功率も違っており、任意整理の場合には金融業者との交渉があるので借金減額条件についても影響を受けます。

 

さらに時間については、手続き開始までの時間が長いのはきついです。手続き開始してから手続き終了までの期間が長いならまだ許せますが、手続き自体が開始されないと、それまでの期間は借金の返済が必要で利息も普通に増えていきます。

法テラスを借金返済に利用できる条件とは?

借金返済法テラス利用条件

 

法テラスを利用して借金返済の相談をしたり債務整理をお願いするためには3つの条件を満たす必要があります。

 

それが下記の条件になります。

 

法テラスを借金返済に利用できる条件は3つ

 

・収入や財産が一定の金額以下の場合
・債務整理の可能性や和解の可能性がある場合
・民事法律扶助の趣旨に適する場合

 

この中で一番厄介な条件が「収入や財産が一定の金額以下の場合」という条件だと思います。

 

収入や財産が一定の金額以下の場合

 

法テラスで無料相談や債務整理の手続きを行う場合には収入や財産の条件を満たさないと利用することができないです。

 

世帯人数や地域によって収入条件が違ってくるので下記を参考にしてください。

 

法テラス利用の収入条件

 

東京や大阪以外の地域の場合

 

世帯人数 世帯の月収金額 加算できる限度額
1人 18万2000円以下 4万1000円以下
2人 25万1000円以下 5万3000円以下
3人 27万2000円以下 6万6000円以下
4人 29万9000円以下 7万1000円以下

 

東京や大阪の場合

 

世帯人数 世帯の月収金額 加算できる限度額
1人 20万200円以下 5万3000円以下
2人 27万6100円以下 6万8000円以下
3人 29万9200円以下 8万5000円以下
4人 32万8900円以下 9万2000円以下

 

収入条件は上記のような感じになっています。

 

夫婦共働きの場合に収入条件に引っかかる可能性が高いので注意が必要だと思います。

 

また夫に内緒で債務整理したい場合には、夫の収入額によっては妻に収入がなくても法テラスを利用できない可能性もあることも知っておきましょう。

 

法テラス利用の財産条件

 

世帯人数 1人 2人 3人 4人以上
財産合計額基準 180万円以下 250万円以下 270万円以下 300万円以下

 

財産の条件についてはそこまで厳しいという感じはしないですね。

 

この基準には自分の住んでいる家などは含まれてないので、借金返済で困っている人は、おそらく多くの人は上記の資産額を下回っているのではないかと思います。

 

ただ車を持っている人はなどは、評価額が高い場合には預金等を合わせて財産基準額を超えてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

債務整理の可能性や和解の可能性がある場合

 

この条件については「債務整理しても成功する可能性がない場合」は利用できないと理解しておくといいです。

 

具体的には「収入がないのに任意整理や個人再生を利用する」という場合です。

 

任意整理や個人再生は債務整理後も借金が残るので返済していく必要があります。それなのに収入がないのでは債権者が認めるわけないので和解の可能性がないということです。

 

ちなみにこの要件は満たしてなくも無料相談は利用することができるので、無料相談で条件を満たす債務整理方法を選択するといいです。

 

民事法律扶助の趣旨に適する場合

 

報復的名感情を満たすための場合や、宣伝に利用するような場合、権利濫用的な訴訟で利用する場合は利用できませんということのようです。

 

この条件については、あまり債務整理とは関係ない条件のような感じもしますね。

 

まあ、法テラスは債務整理だけ出じゃなく離婚裁判など色々な案件にも対応しているので、どちらかというとほかの案件のための条件という感じがしますね。

法テラスを利用できない場合は弁護士の質で事務所を選ぼう!

借金返済法テラス利用できない場合

 

法テラスで借金返済のために債務整理を利用する場合には上記のように条件を満たしてないと利用できないということがわかったと思います。

 

また法テラスでは手続き開始までに時間がかかるので、差し押さえなどの可能性があるような切迫しているような状況でも利用できないということもわかったと思います。

 

そういった法テラスを利用できないような状況の場合には、普通に弁護士事務所に依頼して債務整理をしてもらうことになります。

 

弁護士事務所に依頼するような場合には、こちらで弁護士を選ぶことができるので、できるだけ債務整理に慣れている実績豊富な弁護士を選ぶ必要があります。

 

基本的に債務整理費用については弁護士事務所でそこまで大きな違いはないので、できるだけ優秀な弁護士に依頼するのがベストです。

 

借金返済の無料相談は法テラスでしか行ってないと思っている人も多いですが、実際には債務整理に対応している弁護士事務所なら無料相談を行っている所は多いです。

 

正直言って無料相談に関しては弁護士の質が曖昧な法テラスよりは債務整理に対応している一般の弁護士事務所の方が優秀です。

 

当サイトでは電話やメールなどで無料相談を受け付けている弁護士事務所を複数載せているのでよかったら下記から参考にしてください。

 

借金返済の無料相談が可能な弁護士事務所

 

無料相談対応のオススメ弁護士事務所一覧はこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加