借金返済の弁護士費用が安い弁護士の選び方を解説

借金返済には弁護士費用だけでなく手続き費用も必要!

借金返済には弁護士費用だけでなく手続き費用画像

 

借金返済に債務整理を利用しようと思っている人は多いと思いますが、多くの人は弁護士費用が工面できればそれで債務整理手続きが可能だと思っている人が多いです。

 

任意整理の場合には裁判所を通さずに手続きすることができるので、費用のほとんどは弁護士費用になりますが、個人再生や自己破産の場合には、弁護士費用以外にも裁判所への予納金などが必要になってきたりします。

 

ちなみに債務整理の依頼費用の安さだけを追求するなら司法書士に依頼するという選択肢もあります。

 

債務整理の依頼費用なら弁護士よりも司法書士の方が安い

 

弁護士費用ができるだけ安いほうがいいと思っているなら、司法書士を選択するのも一つの方法です。

 

ただ司法書士の場合には弁護士と比べて予納金が高く設定されていたり、手続き費用が弁護士よりも高く設定されていて、総額だと弁護士とそこまで料金に違いがなないという現実があります。

 

参照:債務整理の弁護士と司法書士の違い

 

弁護士費用に限ったことではないですが、安いものには理由があるということを理解しておくといいです。

 

確かに借金返済で債務整理を検討するくらいなので費用を節約したい気持ちもあると思いますが、費用を検討するなら費用総額で債務整理を検討するといいと思います。

 

ただそれなら最初から弁護士に依頼せずに、自分で債務整理すれば弁護士費用は安く抑えられるのではないでしょうか?

自分で債務整理すれば弁護士費用は必要ないのでは?

自分で債務整理すれば弁護士費用は必要ない画像

 

借金返済で弁護士費用をできるだけかけたくない場合なら、自分で債務整理をするという選択肢もあるのではないでしょうか。

 

債務整理を弁護士や司法書士でないと手続きできないと思っている人が多いですが、実際に自分で債務整理の手続きで可能なんですよね。

 

ただ実際には9割くらいの人が弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行っています。

 

ではどうして弁護士費用をかけてまで債務整理を専門家に依頼するのでしょうか?

 

依頼費用をかけてまで弁護士に債務整理を頼む理由とは?

 

借金の取立てをストップできる

 

弁護士に債務整理を依頼するメリットして大きいのが借金の取立のストップですね。

 

個人が債務整理を行うと、手続き期間中も返済していく必要があるので、その間にも借金はどんどん増えていくんですよね。

 

また個人が債務整理手続きを行うと、専門家ではないので時間がかかり、結局は弁護士費用を超える金額を債務整理中に支払っていたということをも考えられます。

 

逆に弁護士に取立てをストップしてもらえば、借金返済の費用を弁護士費用に使えるので意外と弁護士費用の負担を小さくなったりします。

 

自分で債務整理すると手続きの複雑さで挫折する

 

債務整理って手続きが非常に複雑で自分で行うと手間がかかるんですよね。

 

そもそも資料集めが非常に大変で、1円単位で全ての借金の情報を集めないといけなかったりして、金融業者に資料請求しないといけなかったりしてかなり面倒です。

 

また素人が資料を求めても、金融業者のほうで相手にしてくれないことがあり、資料作成で挫折する人も多いです。

 

さらに債務整理方法によっては金融業者と交渉することもあったりするので、素人が行うに非常に難しいことが多かったりします。

 

ミスがあると手続が先に進まない

 

債務整理って裁判所や金融業者を相手に行う手続きなので、資料などでミスがあったりすると手続が先に進まないんですよね。

 

また資料が間違っていることによって、自己破産などの手続きで免責が認められないという最悪の事態も起こる可能性があり厄介です。

 

間違いなく資料を作成できる自信がないと、個人で債務整理の手続きを行うのは難しいのではないかと思います。

 

債権者から訴えられたらどうしようもない

 

債務整理をしていて和解することができなかった場合には、裁判になる可能性があるということを知っておきましょう。

 

普通は弁護士などが相手の金融業者などと交渉したりして和解できるように努力するのですが、素人がそういった交渉手管を持っていますか?

 

交渉の結果、和解することができず裁判になったら、結局弁護士に頼ることになってしまうので意味がないです。

 

それなら最初から弁護士に依頼して裁判にならないように和解交渉してもらうほうが建設的です。

 

こうして見ると、弁護士に頼まずに費用を抑えて債務整理するのには金銭的なメリットがある一方で、それ以上のデメリットがあるということがわかるのではないでしょうか。

 

債務整理をする9割の人が弁護士や司法書士を利用しているというのは上記のような理由が関係していることがよくわかると思います。

 

お金がない人でも債務整理を弁護士や司法書士に依頼するのにはそれなりの理由があるということなのです。

弁護士費用が相場よりも安すぎると危ない!

弁護士費用が相場よりも安すぎる画像

 

借金返済をしていて払えなくなってしまった人は、弁護士費用もできるだけ節約したいと思う人も多いです。

 

実際に弁護士費用って債務整理の方法によっては30万円や40万円近く必要になったりするので、かなり経済的な負担が大きいんですよね。

 

そういった場合にできるだけ債務整理の弁護士費用の安い事務所を探しているという人は少なくないです。

 

ただ普通の弁護士事務所が債務整理費用をそこまで値引して提供するでしょうか?

 

弁護士費用が安い弁護士事務所にはそれなりの理由があるということを知っておく必要があります。

 

弁護士費用が相場よりも安いのはどういった事務所?

 

債務整理案件が豊富になって、経験豊富な弁護士事務所の場合には手続きもしっかりしており、借金の減額幅も依頼者の満足のいくものになるので依頼が多く、相場通りの弁護士費用十分に事務所を運営することができます。

 

しかし、債務整理に慣れてなかったり、実績がなかったり、何か問題のある事務所は依頼が集まらないので相場よりも弁護士費用が安いことが多いです。

 

基本的に相場よりも弁護士費用が安いところは、安いなりの理由があるので、そういったことを心得て利用することが必要になってきます。

 

安い弁護士事務所に一流の弁護士事務所の債務整理成果を求めるのは無理だということです。

 

参照:弁護士費用の相場

 

正直って債務整理については経験によって、金融業者との交渉力が違ってきたり、手続きスピードアフターケアも違ってくるので、しっかりとした弁護士事務所に依頼すべきだと思います。

 

交渉力のない弁護士費用の安い弁護士に依頼して手続きが長引いたり、和解交渉に失敗して裁判になったりしたら、結局費用は高額になってしまいます。

 

あくまでも安い弁護士事務所を探すなら、相場範囲内で安い事務所を選ぶようにするといいです。

借金返済でオススメできる弁護士事務所とは

借金返済でオススメできる弁護士事務所画像

 

債務整理を弁護士に依頼する場合に、ある程度の弁護士費用の相場の範囲内で実績があり、債務整理の経験が豊富な事務所がベストだということは分かったと思います。

 

基本的に債務整理の弁護士費用って、あまりに高額な場合には裁判所がその費用を認めないので、ある程度の上限が決まっているんですよね。

 

つまり債務整理については、どんなに優秀な弁護士事務所でもある程度の弁護士費用相場で依頼することができるということです。

 

任意整理のような交渉によって借金の減額幅が違ってくるような債務整理方法だと、できるだけ実績が豊富な事務所に依頼した方が有利な条件での債務整理が可能になってきます。

 

個人再生や自己破産でも、裁判所から手続きが認可されるためにはある程度の実績があったほうが有利です。

 

こういったことから弁護士を選ぶ際には、実績と費用のバランスがいい事務所を選択するといいです。

 

当サイトでは債務整理の実績が豊富な、借金返済の相談にオススメの弁護士事務所をいくつかピックアップしているので参考にしてはどうでしょうか。

 

無料相談でどれくらいの費用になるのか確認して、債務整理を行うのか検討するといいです。

 

基本的に債務整理に慣れている弁護士事務所は借金返済の無料相談を行っているので、そういった部分で弁護士選びをするといいと思います。

 

弁護士費用が安く実績がある弁護士事務所

 

借金返済について無料相談で相談してみよう

 

このエントリーをはてなブックマークに追加